FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分でソーラーパネルを取り付ける記事 和訳 ③

ただ今マザーアースニュースの日本語訳付のサンプルを

作成しようと動き出しました。

(全然和訳が間に合っていませんが。(汗))

完成しましたら、興味を持ってくれる人が集まるような場所に置いてもらいます。

おすすめの場所がありましたら、教えてください~。

割り当てられた?和訳がまるで間に合っていないワタクシ。

相変わらずの訳ですが、ちょっとずつでも進めようと思います。


興味のある方、のぞいてください。

この号↓の記事を訳そうとしていますう~。
サンプル号1    サンプル号2
クリックで大きくなりますよ。



****以下 記事和訳 続き****

Deciding the size of your system is the next step.

次のステップは、システムのサイズを決定することです。

With a grid-tied system, size is less critical, because the grid supplies power when your PV system falls short.

グリッドタイドシステムでは、サイズはさほど重大でありません。

なぜなら、太陽光発電システムが不足するときはグリッドが電力を供給するからです。

Systems as small as a couple hundred watts are practical, but you can also install panels that will produce enough electricity for all your needs.

2~300ワットくらい小さなシステムが実用的ですが、

あなたはあなたのニーズを満たすに十分な電気をもたらすパネルを設置することも可能です。


Review how much electricity you use now, and then estimate what you will be able to save by applying conservation and efficiency measures throughout your home.

今どれくらい電気を使っているか調べましょう。

そして家中で節電や、効率アップをして、電力を節約したときを推定してください。


This will give you an idea of how big a system you’ll want to build.

これはあなたがどれくらいの大きさでシステムを建設するべきかを知ることができます。

You certainly can build a system smaller than this, but it may not pay to install a larger one.

あなたは確かにこれよりも小さなシステムを建てることはできますが、

小さなシステムを建設することが、より大きなシステムを設置することと、

つり合いが取れるとは限りません。

Look up your state on DSIRE to learn about net metering rules where you live, including how much you can get paid for generating excess power.

DSIREの上であなたの州を調べましょう。

余剰電力の買い取り価格を含めて、

あなたが住んでいるところのきちんとした計測規程を知りましょう。

原文続き↓
Figuring out ways to use less energy in your home is almost always more cost effective than putting up a larger PV array. We started with a monthly usage of 1,000 kilowatt-hours (kwh), which is about average for a U.S. household. We got this down to about 500 kwh by spending a bit more than $1,000 on efficient lights, power strips with switches, a new fridge and a few other strategies (see 8 Easy Projects for Instant Energy Savings). Compare that with the PV system, which saves us 250 kwh per month but costs $6,000 — it’s clear where the best return is. Take the efficiency measures first, then buy the PV system.


We planned for a PV system that would cut our current usage by about half (i.e., a system that would generate about 250 kwh per month, or 3,000 kwh per year). We used the National Renewable Energy Laboratory’s PVWatts calculator to estimate the size of a system that would produce 3,000 kwh per year in our area. PVWatts came up with a system size that was a little more than 2 kilowatts. The system we ended up installing has an estimated production of 2.15 kilowatts.

スポンサーサイト

theme : 英語・英会話学習
genre : 学校・教育

tag : 太陽光発電

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

tamtamjin

Author:tamtamjin
MOTHER EARTH NEWS は元気になる情報が満載されたアメリカの雑誌です。無料で読めますが、記事は英語。日本を元気にする雑誌をたくさんの人に知ってもらいたい!マザーアースニュース日本版創刊を応援するtamさんの日記です。
皆さんも応援よろしくお願いします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。