スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マザーアースニュース 8-9月号 特集目次 和訳

最新号がUPされていましたので紹介します。

またまた正しくないかもしれない和訳でごめんなさい!

想像力を膨らませて理解してください。(汗)

前回(6-7月号目次 http://dikyujintam.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

と同様、特集のみの和訳です。

読みたくてウズウズするような題名もありますね。

読める人は

http://www.motherearthnews.com/august-september-2011.aspx

で読んでみてください。

あとで どんなこと書いてあったか教えてー!(ヨロシク~。)


****以下 8-9月号 目次****

MOTHER EARTH NEWS: August/September 2011
More Than a Magazine ... A Way of Life


MENAS11HP


Top Story 巻頭

Start a Self-Sufficient, 1-Acre Homestead
1エーカー農家、自給自足を始めてみよう


Expert advice on how to establish self-sufficient food production, including guidance on crop rotations, raising livestock and grazing management.

輪作のガイダンスを含む自給自足の食糧生産を確立する方法(家畜を育てて、管理をする)に関する専門家の助言

【参考】1エーカー=4047㎡=0.4ha=1226坪=???
400mトラック内側=1.06haだそうなので、400mトラックの半分以下の大きさです。思ったより小さい?


Features 特集


Top Tips for Great Fall Gardens すばらしい秋の庭園のための耳寄り情報

The steps to a bountiful fall garden are simple: Choose crops suited to fall growing conditions, ensure your chosen site has organically enriched soil and adequate water — and start now!

豊かな秋の庭園へのステップは簡単:

秋の成長状態に合う作物を選び、

あなたが選んだ敷地が有機的に豊かな土壌と十分な水があることを確実にすること ―そして、すぐに始めること


The 10 Worst Garden Weeds  最も嫌な庭の雑草10

The votes from more than 2,000 gardeners are in! From to bindweed to thistle, here are the best control strategies for North America’s worst garden weeds.

2,000以上の庭師からの投票! メヒシバからあざみへの三色ヒルガオまで、

北アメリカの最悪な庭の雑草に、最も良い対応策がここにあります。


【参考】見るとわかる!私もきら~いこの草。アメリカでもそうなんだ・・。(↓ウィキペディアより)
メヒシバ
メヒシバ

アザミ
アザミ綿毛

ヒルガオ
ヒルガオ



Natural Cooling Strategies 自然冷房戦略

Who needs air conditioning? Theses strategies can help you keep your home cool without it.

エアコンを必要とする人は誰ですか?

主題戦略は、エアコンなしで家を涼しくしておくことを手助けできます



Build With SIPS  SIPによる建築

Is this the building technology of the future? Here’s why structural insulated panels are a great option for building sturdy, energy-efficient houses.

これは、将来の建築技術ですか?

断熱された構造パネルが、エネルギー効率の良い家を建設するために、

すばらしいオプションである理由は、ここにあります。



Signs of Climate Change 気候変動のサイン

The evidence of climate change is all around us. Here’s a rundown of the dramatic problems we now face, and why we need solutions, not more debate.

気候変動に関する証拠が私たち全体にあります。

私たちが現在直面している劇的な問題、

および、これ以上の討論ではなく、解決策が必要な理由 に関する要約がこれです。



The Fats You Need for a Healthy Diet  あなたが健康によい食事に必要とする脂肪
Delicious news: You may want to bring bacon and butter back to your plate!

美味しいニュース: ベーコンとバターをあなたのお皿に戻すことをおすすめします!


From Laundry to Landscape: Tap Into Greywater
ランドリーから風景まで: Greywaterに軽く打ち込んでください。


Recycling your household water is smart and often surprisingly simple. Find out how you can embrace this “new” source of water.
Food Independence on a 1930s Farm
Fond memories of growing up on a self-sufficient homestead.

あなたの家庭用水を再生するのは、賢く、そして驚くほど簡単です。

どのようにこの「新しい」水源を利用することができるか調べてください。

食物独立(自給自足?)1930年代の農場

自給自足農場へ成長した なつかしい思い出 


スポンサーサイト

theme : 英語・英会話学習
genre : 学校・教育

tag : ブツブツ・・ 目次

MOTHER EARTH NEWS こんな雑誌です 和訳 その2

それでは

「MOTHER EARTH NEWS とは」 ウィキペディア 和訳 つづきです。

【原文リンク】
http://en.wikipedia.org/wiki/Mother_Earth_News


*****「MOTHER EARTH NEWS とは」 和訳 その2*****

In March 1975. in the March-April issue of the Magazine, Issue No. 32, John Shuttleworth said in the second installment of the Plowboy Interview: "For at least 20 years now,
I've been getting an increasingly uncomfortable suspicion that all the major nations of the world — capitalist and communist — suffer from the narrow delusion that only people, and people alone, have any rights on this planet. Further, that human wants, needs, and desires — seemingly the more capricious the better — should be instantly gratified. And further still, that this can always be done in a strictly economic frame of reference.

1975年3月。Magazine、Issue No.32の3月-4月号で、

ジョン・シャットルワースは

第2回目の「農夫インタビュー」で言いました。

;少なくともこの20年間、

世界の主要な国家すべて(資本主義と、共産主義)は、

ただ、人にだけ、人のみが、この惑星のどんな権利も有する

という狭い妄想に縛られていることに、

私はますます違和感を抱いています。

さらに、その人間の必要とする物、

ニーズと欲求(一見してより気まぐれな)は、

すぐに満足されなければなりません。

さらにこれは、まさに経済的視点において常に実行可能なのです。


"In short, I think that we live in an unbelievably marvelous Garden of Eden. Surrounded by miraculous life forms almost without number. Kept alive by a mysteriously interwoven, self-replenishing support system that, with all our scientific 'breakthroughs,' we still do not understand.

要するに、我々は信じられないくらい

素晴らしいエデンの園に住んでいると、思います。

ほとんど数え切れない奇跡的な生物形態によってかこまれて、

神秘的に織り混ざり、私たちの科学的な「大進歩」でも

まだ分かっていない自己補給支援システムによって、

私たちは生かされています。


"And yet, as favored as we are by all this real wealth, we somehow perversely prefer to spend almost all waking hours interpreting the sum total of this reality in terms of the narrow and distorted, strictly human-centered concept of money." [3]

そして、これは、現実の資産に囲まれるのと同じくらい好ましいことなのに、

まさに、人間中心のお金の概念と、

まさに、狭く歪められた条件のこの現実の総和を

解釈することに、目覚めている時間のほとんどを費やすことの方を

私たちは、頑なに好みます。

In 1979 editor Bruce Woods and two other employees bought the magazine from the Shuttleworths. The Eco-Village, a 600 acre (2.4 km2) research center, was in full swing with vast experimental gardens, houses, and energy projects. Twenty thousand people each summer took Mother Earth News seminars on everything from beekeeping to cordwood construction. A radio show shared the magazine’s philosophies on hundreds of stations nationwide and alternative fuel vehicles carrying the Mother Earth News logo criss-crossed the country.

1979年に、編集者ブルース・ウッズと他の2人の従業員が、

Shuttleworthsからマザーアースニュースを買いました。

エコヴィレッジ(600エーカー(2.4のkm2)の研究センター)は、

広大な実験的な菜園、家と、エネルギー・プロジェクトが活況でした。

養蜂からコードウッド工事まで、すべてのマザーアースニュースのセミナーは、

毎年夏、2万人が受講しました。

ラジオ番組では、全国的に何百もの放送局で、

雑誌の哲学を共にしました。

そして、Mother Earth Newsのロゴをつけた

ガソリンを使わない自動車が、

国中を縦横に走りました。


【参考】コードウッドハウス・・間伐材の切り口を利用した工法で立てられた自然の家


The magazine flagged somewhat with the declining popularity of the back to the land movement in the early 1980s. Eventually, it was sold to the New American Company in 1986, who redesigned it with a much slicker image and repositioned it as "The Original Country Magazine." A number of employees of Mother Earth News left the magazine at this time to start BackHome Magazine[4]. New American stopped publishing its magazines, and sold them to Sussex Publishers in 1991 The magazine survived, and grew through the late 1990s and the first half-decade of the 21st Century. Sussex Publishers in New York City owned the magazine until 2001, when it was acquired by its current owners, Ogden Publications[5](Bryan Welch).

雑誌は帰農運動の人気減退により、

1980年代初期に幾分、衰えました。

結局、1986年にニュー・アメリカ社に売られ、

ニュー・アメリカ社は、以前より非常にスマートなイメージで再設計し、

「オリジナル地方雑誌」として位置づけを変化させました。

このとき、マザーアースニュースの多くの従業員は

「BackHome Magazine」をはじめるため、

この雑誌を離れました。

ニュー・アメリカ社はその雑誌の出版をやめ、

1991年に、サセックス出版にそれらを販売して、

雑誌は存続しました。

そして、1990年代後期と21世紀の前半の10年間を通して成長しました。

ニューヨーク市のサセックス出版は

現在の所有者、オグデン出版(ブライアン・ウェルチ)の手に渡る2001年まで、

雑誌を所有していました。


In 2010, the magazine celebrated its 40th anniversary. The February-March issue included articles from the magazine's previous 40 years.[6]

2010年、雑誌は、40周年を迎えました。

2月-3月号は過去40年の掲載記事を含んでいました。


New Initiatives
新しい取り組み


Mother Earth News has started to invest substantially online, releasing a new web interface as well as a price comparison shopping site, EarthMoment.com where a portion of the proceeds is donated to Carbonfund.org. The magazine is also considering publishing online article translations in Spanish.
マザーアースニュースはオンラインに大幅な投資をし、

新しいウェブ・インターフェースならびに

価格比較ショッピング・サイト、

一部の収益がCarbonfund.org.に寄付される

EarthMoment.com、を公開することを始めました。

マザーアースニュースは、オンラインの記事翻訳をスペイン語で出版することも考慮しています。


*****以上 おわり*****

theme : 英語・英会話学習
genre : 学校・教育

tag : 和訳 マザーアースニュース

MOTHER EARTH NEWS ・・こんな雑誌です。和訳

これだけおすすめしている

MOTHER EARTH NEWS・・てどんな雑誌???

私も知りませんでした!

では 本日は 記事から離れまして

「MOTHRE EARTH NEWS とは」ウィキペディアの和訳です。
(毎度ですみません。訳が間違ってましたらコメントで教えてください!)

WIKIPEDIAより
【原文リンク】
http://en.wikipedia.org/wiki/Mother_Earth_News


Mother Earth News


Mother Earth News(ISSN: 0027-1535) is a bi-monthly American magazine that has a circulation of 475,000. It is based in Topeka, Kansas.

Mother Earth News(ISSN: 0027-1535)は47万5000の流通がある隔月のアメリカの雑誌です。

それはトピーカ(カンザス)に拠点を置いています。

Approaching environmental problems from a down-to-earth, practical, how-to standpoint, Mother Earth News has, since the magazine’s founding in 1970, been a pioneer in the promotion of renewable energy, recycling, family farms, saner agricultural practices, better eating habits, medical self-care, more meaningful education, affordable housing, and, in the process, offered a platform for some of the most far-thinking minds of the day.

わかりやすく、実用的で、ハウツーものの観点から、環境問題にアプローチしています。

1970年の雑誌の設立以来、マザーアースニュースは、

再生可能エネルギーについて、リサイクル、家族農場、

より健全な農業実践、よりよい食習慣、医学的な自己管理、

意味ある教育、手ごろな家、の啓発で先駆者でした。

その過程において、遠い日の心を考えるいくつかの意見発表の機会を提供しました。


History
歴史


John Shuttleworth and Jane Shuttleworth started the magazine on a "shoestring" budget of $1500, published from home in 1970.[1] The first issue was published in January of that year.[2]
John Shuttleworth died on March 29, 2009, at his home in Evergreen, Colorado, at the age of 71. (Backhome Magazine, issue 101, p.4)

ジョン・シャットルワースとジェーン・シャットルワースは、

1970年に家から発行する、予算1500ドルの雑誌「shoestring」を始めました。

創刊号はその年の1月に発行されています。

ジョン・シャットルワースは、

2009年3月29日に、エバーグリーン(コロラド)の彼の家で、71歳で死にました。 (Backhome Magazine、101号、p.4)


MotherEarthNewsCover


The magazine was originally published in North Madison, Ohio and moved to Hendersonville, North Carolina later. It had a scrappy, no-frills style and appearance throughout the 1970s. Mother Earth News embraced the revived interest in the back-to-the-land movement at the beginning of the 1970s, and combined this with an interest in the ecology movement and self-sufficiency. Unlike other magazines with ecological coverage, Mother Earth News concentrated on do-it-yourself and how-to articles, aimed at the growing number of people moving to the country. As a result, the magazine thrived throughout the 1970s. There were articles on home building, farming, gardening, and entrepreneurism, all with a DIY approach, and the subject matter of the articles ranged widely into such subjects as geodesic domes, hunting, food storage, and even a regular column on amateur radio. Alternative energy was a frequent topic covered in the magazine, with articles on how to switch to solar power and wind power, and how to make a still and run your car on ethanol. A series of "Plowboy Interviews" was also a regular feature, which included interviews of environmental leaders and others. With its left of center perspective, The Mother Earth News attracted a wide readership, not only of back to the landers but also others ranging from hippies, to survivalists, to suburban dwellers who dreamed of someday moving to the country, to long-time rural dwellers who found the DIY articles useful.


雑誌は、当初、オハイオ・北マディソンで出版されていました。

後にノースカロライナ・ヘンダーソンヴィルに移転します。

Mother Earth Newsは、1970年代を通して、

熱意ある実質本位のスタイルと、外観を持っていました。

1970年代初めの帰農運動で蘇った関心を受け入れ、

そしてこれにエコロジー運動への関心と自給自足を組み合わせました。

環境保全記事の他雑誌と違って、

Mother Earth Newsは、

田舎に引っ越している人々の増大数に向けられた

日曜大工およびハウツーの記事に集中しました。

結果として、雑誌は1970年代にわたって繁栄します。

家庭の建物、農業、ガーデニング、および起業家主義、

そしてDIYアプローチによるすべて、に関する記事がありました。

記事の内容は広く、ジオデシックドーム、アマチュア無線、狩り、食品貯蔵、

そして、アマチュア無線に関する定期コラムさえ記事の対象になりました。

代替エネルギーは、

太陽エネルギーと風力エネルギーへの切り替え方の記事、

蒸留器を作る方法、そしてエタノールで車を走らせる方法に関する記事で、

雑誌の表紙に頻繁に取り上げられた話題でした。

一連の「農夫インタビュー」もまた、定期的な特集記事でした。

そしてそれは、環境リーダーや、その他のインタビューを含みました。

革新的な見方が中心で、帰農者ばかりでなく、

ヒッピーから変化したほかのもの、サバイバリスト、

田舎へいつか引っ越すことを夢見る郊外の居住者、

DIY記事が役に立つとわかった長年の地方の居住者に、

マザーアースニュースは幅広い読者層を集めました。


【参考】ジオデシックドーム・・正三角形を組み合わせたドーム状の建築物


****MOTHER EARTH NEWS ・・和訳  つづく*****

今日はここまでです。スミマセン!

続きは明日UPしますので

しばらくお待ちくださいませ。(汗)


theme : 英語・英会話学習
genre : 学校・教育

tag : 和訳 マザーアースニュース

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

tamtamjin

Author:tamtamjin
MOTHER EARTH NEWS は元気になる情報が満載されたアメリカの雑誌です。無料で読めますが、記事は英語。日本を元気にする雑誌をたくさんの人に知ってもらいたい!マザーアースニュース日本版創刊を応援するtamさんの日記です。
皆さんも応援よろしくお願いします。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
フリーエリア
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。